ISO14001認証【環境方針】

㈱青葉堂印刷の環境方針

 

 我々は、地球環境の保全が人類共通の重要課題であることを認識し、「環境に配慮した企業活動の実行」を基本として、中心に4つの経営理念を上げている。
① 質素倹約、②指導教育、③備えの経営、④現在は通過点(継続的改善)の認識
この理念を、郷土の名君上杉鷹山公の教えを実践する「YOZAN Printing」と称し、顧客の対象をクライアントに限定せず、ステークホルダー+環境とし、代表取締役会長は以下の環境方針を設定し、当社はこの環境方針に基づいて環境マネジメントを実行する。

  1. 顧客満足度の追求

    当社の事業活動、製品及びサービスで、お客様に感動を与えるためには何をすべきかを社員一人ひとりが考え、行動できるように、日ごろから経営理念、環境方針を意識させ、行動・業務内容の継続的改善を図る。
  2. 地域への貢献

    当社の事業活動、製品及びサービスで地域貢献に繋がる活動を推進する。純粋に地域の為になる環境活動を行う。また、当社の環境活動を公開し、地域の企業、住民から信頼を得る。
  3. 誇りある会社の創造

    当社の事業活動、製品及びサービスに関わる環境側面(空気、水、音、廃棄物) を常に認識し、環境汚染の予防を推進すると共に、環境マネジメントシステムの継続的改善を図る。
  4. 健全経営の実施

    当社の事業活動、製品及びサービスに関わる法令、条例、規則、その他の環境上の要求事項を遵守すると共に、自主基準を設定し、管理する。
  5. 環境重視の生産推進

    以下の項目を環境マネジメントの重点テーマとして取組む。
     1)主原料である印刷用紙と印刷インキの適切な管理と節減。
     2)産業廃棄物である損紙、梱包材料等の削減と再資源化。
     3)有機溶剤などの化学物質による環境汚染の防止。
     4)消費エネルギーの大半を占める電力使用量の節減。
     5)総合排水水質の維持管理。
     6)印刷物の企画段階での環境問題への配慮。
  6. 社員の人間的成長推進

    この環境方針の達成のため、全社及び関係部署の環境目的・目標を設定し、環境実施計画に基づいて、環境マネジメントシステムを推進する。環境目的・目標は定期的にレビューを行い、適宜見直しを実施する。 環境方針は文書化し、適切な場所等に掲示することによって組織で働く人に周知する。
  7. 印刷文化の向上への寄与

    デジタル化が急速に発展している印刷業は、紙離れによる印刷物の減少が囁かれている。100%デジタル化すれば環境負荷は当然下がるが、当社は印刷文化の向上への寄与を掲げているため、従来の印刷生産ラインの工程、資材等の見直し強化により、環境負荷低減システムを構築している。さらにデジタルにも対応できるように柔軟なスタンスを保つ。
 

生産体制

AnyOne「営業企画/管理」

クリック「ようこそ、青葉堂印刷へ。」

Bright「製版/刷版」

クリック「好きこそものの上手なれ。」

Appeal「印刷」

クリック「描きたいのは色への想いです。」

Dressup「製本/断裁」

クリック「仕上げで、魅せます。」

Omword「配送」

クリック「いつも新しい重さとともに。」