取り組み

【YOZAN printing】【個人情報保護方針】【ISO14001認証】【FSCR森林認証】
【グリーンプリティング認証】【JapanColor認証】【チャレンジ25キャンペーンへ参加】

YOZAN printing

 我々の印刷業はコールド化を契機にオフセット印刷が盛んになりカラー化が進み高性能の多色印刷が普及、それに伴い大量の印刷物が氾濫した。我々の作業もアナログの生産方法からデジタル化が進み、これに伴う印刷物の減少が囁かれたが、それに反して紙媒体の印刷物は減少することは無かった。

 しかし、リーマンショックは紙媒体の情報伝達に大きな変化をもたらした。

 これは、物事の成長は、成熟を過ぎれば必ず衰退期に入り異なる過程が発生することを示した。日進月歩の成長過程を経て成熟度の高い製品が何処でも出来るようになると、次に問われるのは如何に少ない材料やエネルギー、そして時間をかけないで生産すること、すなわち環境負荷軽減、そして、時代の要求する良い製品作りである。

 郷土の名君上杉鷹山公(上杉藩九代藩主、九州高鍋秋月藩次男)は、貧窮した上杉藩に養子に迎えられ次々と改革を実施した。冷害や飢饉に対しての備え食料の備蓄や地元で出来る特産物の奨励、藩士や農民に対しての指導教育を高めレベルの高い藩政の実施、自助、扶助、互助の精神の確立を唱えながら粘り強い改革を行ってきた。それらの実現により取り潰しになる様な藩政を立派に立て直した。今でも米沢は我慢強い勤勉な東北人特有の一徹な人間が多く、質素倹約に努め教養の高い古きよき時代の精神が市民に宿っている。

 米沢は自然環境に恵まれ大気汚染や水質汚濁には殊のほかに気を遣っている。2006年、当社は環境負荷軽減に真摯に取り組む覚悟を決め、他社に先駆け、あえて環境規制のある工業団地のアルカディアに新工場を2007年に建設し、米沢市と環境協定を締結した。また、顧客満足度向上の対象をクライアントに限定せず、ステークホルダー+環境として、弊社株主(配当の実施)及び社員(成果に合わせた給与)、大切なクライアント(顧客満足度の追求)、サプライヤ-(安定供給信頼の購買)、近隣住民(調和の取れた信頼関係)の満足度を上げる販売と生産活動を実地している。この活動の基本概念(concept)として以下を「七つのチャレンジ」と銘打ち、包括的にPDCAサイクルを回転させた活動をしている。

① 顧客満足度の追求、② 地域への貢献、③ 誇りある会社の創造、④ 健全経営の実施、

⑤ 環境重視の生産推進、⑥ 社員の人間的成長推進、⑦ 印刷文化の向上への寄与

 1957年、資金もない顧客もない何もない時代に創業を決意した先代は、改革を断行した上杉鷹山公にも匹敵する強い思いで忍耐と努力を続けてきた。そのおかげで幾度の経営危機を乗り越え、55年を経た現在がある。そして、上杉鷹山公の教えを実践するYOZAN Printingの理念(philosophy)である①質素倹約、②指導教育、③すべてに対して備えの経営は、完成したものではなく、総て、過去から現在、そして未来への④通過点(継続的改善)であるとの認識で日々改革に取り組んでいる。下図が、弊社の経営理念と企業活動の基本概念と具体的な活動内容の相関を示したものである。

鷹山プリンティング

個人情報保護方針

鍵画像

 株式会社青葉堂印刷は山形県米沢市に本社を、東京都港区(東京営業所)に営業拠点を持つ印刷会社です。印刷、製本、及び関連業の中で、取り扱う様々な個人情報に関して以下の基本方針を決め、これに従い、個人情報取得から製造・納品・過程までの個人情報の保護に徹底します。

 1 私たちは、法と社会秩序の尊守の上、社内のルールに従い当社が保有する個人情報の保護に努めます。

 2 私たちは、当社が保有する情報データについて、不当アクセス又は紛失、破損、改ざん、漏えい等の危険を深く認識し、合理的な安全対策を講じます。

 3 私たちが個人情報を直接収集する場合、その利用目的を明確にし、公正かつ適切な方法で情報データを収集し、本人の同意を得た範囲でのみ利用及び提供をします。

 4 私たちは、お客様より預託を受けた個人情報データの取り扱いについて、お客様が安心して当社に預託することができるよう機密保持、返却、破棄等についてルールを定めた上、十分な情報の管理を行います。

 5 私たちが個人情報を外部へ預託する場合、個人情報の保護を徹底させ、適正な管理を実施させます。

 6 私たちは、個人情報データ保護のための社内体制を整備し、これを実効あるものとして運用するとともに必要に応じて随時改善に努めます。

【お問合せ先】 苦情相談窓口
 TEL0238-29-1234  FAX0238-29-1776 E-mail info@aobado.co.jp
 株式会社 青葉堂印刷  代表取締役  中村 隆志

青葉堂印刷_社長_中村隆志_画像

ISO14001認証【環境方針】

 我々は、地球環境の保全が人類共通の重要課題であることを認識し、「環境に配慮した企業活動の実行」を基本として、中心に4つの経営理念を上げている。 ① 質素倹約、②指導教育、③備えの経営、④現在は通過点(継続的改善)の認識 この理念を、郷土の名君 上杉鷹山公の教えを実践する「YOZAN Printing」と称し、顧客の対象をクライアントに限定せず、ステークホルダー+環境とし、代表取締役会長は以下の環境方針を設定し、当社はこの環境方針に基づいて環境マネジメントを実行する。

1、 顧客満足度の追求
当社の事業活動、製品及びサービスで、お客様に感動を与えるためには何をすべきかを社員一人ひとりが考え、行動できるように、日ごろから経営理念、環境方針を意識させ、行動・業務内容の継続的改善を図る。

2、 地域への貢献
当社の事業活動、製品及びサービスで地域貢献に繋がる活動を推進する。純粋に地域の為になる環境活動を行う。また、当社の環境活動を公開し、地域の企業、住民から信頼を得る。

3、 誇りある会社の創造
当社の事業活動、製品及びサービスに関わる環境側面(空気、水、音、廃棄物) を常に認識し、環境汚染の予防を推進すると共に、環境マネジメントシステムの継続的改善を図る。

4、 健全経営の実施
当社の事業活動、製品及びサービスに関わる法令、条例、規則、その他の環境上の要求事項を遵守すると共に、自主基準を設定し、管理する。

5、 環境重視の生産推進
以下の項目を環境マネジメントの重点テーマとして取組む。
 1)主原料である印刷用紙と印刷インキの適切な管理と節減。
 2)産業廃棄物である損紙、梱包材料等の削減と再資源化。
 3)有機溶剤などの化学物質による環境汚染の防止。
 4)消費エネルギーの大半を占める電力使用量の節減。
 5)総合排水水質の維持管理。
 6)印刷物の企画段階での環境問題への配慮。

6、 社員の人間的成長推進
この環境方針の達成のため、全社及び関係部署の環境目的・目標を設定し、環境実施計画に基づいて、環境マネジメントシステムを推進する。環境目的・目標は定期的にレビューを行い、適宜見直しを実施する。 環境方針は文書化し、適切な場所等に掲示することによって組織で働く人に周知する。

7、 印刷文化の向上への寄与
デジタル化が急速に発展している印刷業は、紙離れによる印刷物の減少が囁かれている。100%デジタル化すれば環境負荷は当然下がるが、当社は印刷文化の向上への寄与を掲げているため、従来の印刷生産ラインの工程、資材等の見直し強化により、環境負荷低減システムを構築している。さらにデジタルにも対応できるように柔軟なスタンスを保つ。

 

FSCR森林認証

FSC認証画像

グリーンプリティング認証

GP認証画像

JapanColor認証

JPC認証画像

CSR認証

FSC認証画像

行動計画

FSC認証画像

生産体制

AnyOne「営業企画/管理」

クリック「ようこそ、青葉堂印刷へ。」

Bright「製版/刷版」

クリック「好きこそものの上手なれ。」

Appeal「印刷」

クリック「描きたいのは色への想いです。」

Dressup「製本/断裁」

クリック「仕上げで、魅せます。」

Omword「配送」

クリック「いつも新しい重さとともに。」